■プロフィール

Penguinland

Author:Penguinland
音楽好きで好奇心旺盛ペンギン。
ここでは音楽を語り、
A Penguin Talking Out では
好奇心の趣くまま綴っています―

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■PENGUINLAND COUNTER

■ブログ内検索

■RSSフィード
■広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Yo-Yo Ma & Bobby McFerrin - Hush
Hush

Hush

  • アーティスト: Yo-Yo Ma & Bobby McFerrin
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 1992/1/28
  • メディア: CD
この音楽紹介サイトでは初のクラシックアルバムの紹介です。
Bobby McFerrin は Jazz 系で扱われることが多いのですが、
このアルバムは Jazz 色はほとんどないので、
ワールド系なども含むクラシックの範疇として考慮しました。
とはいえ、初めて紹介するクラシック作品にするには、
とても相応しいとは言えないほど型破りなアルバムです。

前回紹介したアルバムで Chick Corea と組んだ Bobby McFerrin が、
クラシック界の有名チェリスト Yo-Yo Ma とのコラボレーションで、
ワールド系のオリジナル曲やクラシックの小品を収録したのがこの作品。
Yo-Yo Ma といえば、以前紹介した Claude Bolling の作品に参加するなど、
アカデミックなクラシックの世界のみならず、
あらゆる音楽にフレキシブルな姿勢を持つアーティスト。
その彼が、無国籍的音楽を追求する Bobby McFerrin と共演し、
この 2 人にか成しえない独特の音楽世界を生み出しています。
前回紹介した Bobby の Play は Jazz がベースなので、
Hush の音楽世界はかなり趣を異にしますが、
根底にある「音楽で遊ぶ」精神は共通していることに注目です。

アルバムは、クラシック 7 曲、Bobby McFerrin のオリジナル 5 曲、
トラディショナル 1 曲という構成。
クラシック曲は、バリエール、バッハ、ビバルディ、
リムスキー=コルサコフ、ラフマニノフと幅広い選曲に加え、
オリジナル曲も中世的なものから中近東的なものまで、
圧倒的な音楽の幅をもちながらも、
統一感のある音楽世界を築いているのがスゴイ。
シリアスな面を強調した曲と、楽しさを追求した曲が混在するのも、
このアルバムの特徴です。
2 人という最小編成ながらも、
オーバーダブを駆使したバリエーションに富んだ編曲で、
声のもつ限りない可能性を披露します。

聴きモノは、Play の Autumn Leaves にも通じる
7 曲目のバッハのアンナマグダレーナのための小品集のミュゼット。
冒頭で Jimi Hendrix の Purple Haze を歌いだすボケをかましたり、
オペラ歌手のように歌ったり、トランペットのような音色を出したり、
とにかく遊びまくる。
もちろん Yo-Yo Ma もノリノリに呼応して遊びに興じます。
同様に楽しいのが、リムスキー=コルサコフのくまん蜂の飛行(3 曲目)。
あの速いパッセージをユニゾンできっちり決めます。
アルバムタイトルの元になった Hush Little Baby (5 曲目)も、
リラックスしたムードの雰囲気がとても楽しく仕上がってます。

一方、ビバルディのアンダンテ(2 曲目)、バッハの G線上のアリア(12 曲目)などでは、
神聖でシリアスな雰囲気を繊細な演奏で創り出しています。
10 曲目のバッハ/グノーのアヴェマリアでは、
普通ならボーカルが主旋律をとるところなのに、
チェロで主旋律を、ボーカルでアルペジオを奏でます。
そのアルペジオを正確に歌う Bobby の技術には舌を巻きます。

個性的なアーティスト Bobby McFerrin の中でも、
最も個性的なアルバムと言っても過言ではない作品です。


スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

Classical Album | 15:23:08 | Trackback(1) | Comments(0)
Bobby McFerrin & Chick Corea - Play
Play

Play

  • アーティスト: Bobby McFerrin & Chick Corea
  • 出版社/メーカー: Capitol
  • 発売日: 1992/1/28
  • メディア: CD
今、JTの缶コーヒー「Roots」の CM でかかってる曲は、
1988年の映画「カクテル」でも使われ、
ヒットチャートでも 1 位を記録した Don't Worry, Be Happy。
Bobby McFerrin (公式ウェブサイト)が歌、(声の)演奏、作曲しています。
一つのフレーズが延々と続くとてもシンプルな曲ですが、
ユニークなのは、声が楽器と化した演奏。
といっても、この曲は大衆ウケするヒット曲。
このウラにはとんでもない声技を披露する曲が、
実はもっとたくさんあります。
歌詞付きの歌を歌うよりも、
歌詞なしのメロディを歌うことが多いのも彼の特徴です。

今回紹介する作品も、彼のスゴイ声技を披露するアルバム。
前回紹介した Chick Corea とのコラボレーションで、
1990年にニューヨークのカーネギーホールなどで行われた
ライブ模様を収録したのがこのアルバム。
タイトルにあるように、スーパーミュージシャンの二方が、
音でひたすら「遊び」まくります。
両者ともリラックスして「Play」していたかと思えば、
時に壮絶なインタープレイを披露し、
時にユーモアで客を笑わせまくる。
最高の音楽センスとテクニックを持つ両者だからこそ、
成し得るライブパフォーマンスです。

選曲のセンスもよく、「おいしい」曲が並びます。
1 曲目は、Chick Corea の名曲 Spain。
Bobby は、イントロの哀愁のメロディを表現豊かに歌うと、
テーマメロディは楽器化した声で「Play」、
Chick がいつもの調子でソロをとると、
Bobby は彼独特のトーンでベースラインを「弾き」ます。
そして後半は、2 人の壮絶なインタープレイに突入します。

アルバムの目玉は、「Autumn Leaves(枯葉)」。
この言わずと知れた名曲を、2 人は見事にブチ壊します。
導入部では完全に「遊び」まくり、聴衆を笑わせます。
妙な間を取ったり、変なメロディにしたり、
このアルバムで唯一の「言葉を歌った」曲なのに、
まともに歌詞を歌わないばかりか、歌詞を変えたり、
シュビドゥビドゥーやら意味不明の言葉で歌ったりと、
完全にやりたい放題。
サポートする Chick も「まっすぐ」には弾かず、
かなり遊んでます。
このままギャグで通すのか・・・と油断していると、
演奏は次第にアグレッシヴになっていき、
いつの間にかすごいテンションとなります。
Bobby は高音から低音まですごく広いレンジで「声を弾き」、
Chick もそれに合わせて速いパッセージを繰り出します。
この 2 人だからこその「Autumn Leaves」です。

2 曲目の Even from Me、
Ornette Coleman の Blues Connotation、
最終曲のスタンダード Blue Bossa は、
Bobby のあらゆる声技がガンガン飛び出し、
聴きどころ満載です。
「胸叩き発声」(?)、「舌技」(?)「唇技」(?)など、
どう呼んでいいかわからないような技を使い、
完全に楽器化した「音を弾きます」。
一方で Chick もピアノ弦を押さえる「ミュートプレイ」も出し、
演奏表現の幅を広げます。

スタンダードの名曲 'Round Midnight だけは、
両者ともじっくりと聴かせるプレイを披露。
Bobby はメロディをしっとりと歌い上げるのみで、
Chick は、彼の他作品の同曲のバージョンとは
だいぶ違うアプローチのプレイとなっているのが、
とても興味深いです。

とにかく、アルバム全編にわたり、
誰にも真似できない唯一無二の「Play」で、
2 人の見事な音楽表現がギッシリ詰まった作品です。
コミカルでシュールなアルバムジャケットは、
彼らが音楽を通して表現した世界を、
非常によく映し出しているのではないでしょうか。



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

Jazz Albums | 01:03:45 | Trackback(1) | Comments(0)
面白すぎるぞ OK GO!!
久しぶりに Music Talk のコーナーです。
(こんなコーナーも・・・ありました(^^;)

つい先日、ついていたテレビをなんとなく見ていたら、
自分は全く知らないバンドのプロモビデオが流れました。
初めはなんの関心もなく見ていた筈なのに、
中々目が離せず、次第に目がクギ付けになり、
ビデオが終わったときには大笑いしている自分がいました。
完全に一目惚れでした。
それにしても・・・
明らかにダンス素人の4人の男たちが、
どっかの家の庭で踊っているだけの「ホームビデオ」なのに、
なぜこんなに魅力的で面白いのか。
おまけに最後のポーズなど「枠に入ってないぞ!」
誰だっ!こんな面白いもの創った「ロックな奴」はっ!!
ということで、早速検索・・・。

バンドの名前は OK GO (公式ウェブサイト)、曲名は A Million Ways。
知っている人に言わせれば「なんだいまさら」かもしれませんが、
初めて見た私にとっては、それはもう大きな衝撃、いや笑撃でした。
この面白い踊りはリードボーカルの妹が振り付けをし、
ビデオは友達から借りたビデオカメラを使ってワンテイクで撮影。
よって、ビデオの制作費は10ドル以下らしい。
(要はメディア代かな?)
このビデオは自分たちのレーベルの許可なしに昨年秋にリリースし、
YouTube で一大センセーションを巻き起こしたとのこと。
今年8月までに、900万回ダウンロードされたらしい。スゴイ!
また、素人でもできそうな踊りに触発され、
これを真似して YouTube にアップする輩も多く、
踊りを覚えるにはビデオ何度も見なきゃなぁー、
ということでちょっとその回数に納得。
それがこのビデオ。とくとご覧あれ!



さらに、7月には続くホームプロモビデオ(?)の
Here It Goes Again がリリース。
このビデオがまた A Million Ways よりスゴイ!
ジムによくあるランニングマシンを使った巧妙な振り付けで、
一つ一つのアイデアに見とれてしまう・・・。
また、一生懸命練習しましたという素人っぽさが、
なんでだかわからないけどとても魅力的。
A Million Ways と同様、ワンテイクの力がモノをいっているのか、
目がクギ付けになってしまいます。
このビデオは10月15日時点で、700万回以上視聴されたそうです。
もはや、これを見ずには OK GO は語れないっ!!



いやはや、すごいバンドが登場したものです。
音楽自体は、ビデオほど笑撃、いや衝撃があるわけではなく、
わりと良くあるパンク系ポップロック、といったところ。
それでもメロディもリズムも演奏も、
抑えるべきところは抑えていて、なかなか好感がもてます。
A Million Ways はブンブン鳴っているベースがカッコいいですね。
けど、なんだかんだいってもやはり、
次なる「ホームプロモビデオ」が気になります。
OK GO は YouTube の落とし子バンドと言えるかもしれません。

さらに OK GO したい人は、YouTube へ "OK GO"!!
A Million Ways や Here It Goes Again のライブ版もあります。
ライブ版といっても、彼らは演奏せずにCDに合わせて踊ってます!!(爆)
演奏するライブ版もあるけど、踊ってる方がよかったりして(笑)

最後に、ビデオで口パクで歌ってる人はベーシストで、
実は本当のリードボーカリストじゃありません。
本当のリードボーカリストは黙々と踊ってます。
なんで入れ替えたんだろう・・・。

(情報は Wikipedia - OK GO より)

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Music Talk | 23:01:47 | Trackback(0) | Comments(0)
Chick Corea Elektric Band - Eye of the Beholder
Eye of the Beholder

Eye of the Beholder

  • アーティスト: Chick Corea Elektric Band
  • 出版社/メーカー: GRP
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD
Santana を紹介したときに、
ジャンルをまたぐ音楽世界を築いた偉大なアーティストの話をしましたが、
ジャズ&フュージョンの世界に目を転じると、
ロック&ポップの世界よりは数多くいます。
その中でも群を抜いてすごいのが、Chick Corea (公式ウェブサイト) じゃないでしょうか。
ジャズ、フュージョン、ロック、ラテン系音楽、クラシック、
果てには現代音楽のようなジャンル分けできないものまで、
節操がないんじゃないか、と思えるぐらい縦横無尽。
編成形態をとっても、ピアノソロ、ピアノデュオ、ピアノ&ボーカル、
ジャズバンド、フュージョンバンド、室内楽団、オーケストラと、
見事になんでもこなす、スーパーミュージシャンです。
幅広く色々なことをやっているのに、
常に唯一無二の Chick Corea Music が存在しているのがスゴイところです。
さらに、幅広い音楽性と比例して人脈も幅広く、
ジャズ&フュージョン界ではその影響力も多大で、
フュージョンの歴史を作ってきたと言っても過言ではない人です。

古くは Cab Calloway、Stan Getz などと活動してた彼にとって、
大きな転機となったのが、Miles Davis Band への加入。
Chick Corea がフェンダーローズ(エレピ)を弾いて、
フュージョン音楽開花の一助を担います。
間もなく Chick Corea は自身の活動に専念するようになり、
Stanley Clarke (b)、Joe Farrell (leeds)、Airto Moreira (d) という
ツワモノ達と Return To Forever というバンドも編成。
バンド以外のプロジェクトも平行しながら、
次々にフュージョンの話題作を量産するようになります。
1986年には、ベースの John Patittuci、ドラムの Dave Weckl という、
今にして誰もが尊敬するベテランアーティスト、
当時は若きプレイヤー達と編成したのが Chick Corea Elektric Band。
翌年には、前回でも紹介した Frank Gambale、Eric Marienthal (sax)も加入し、
5人編成の Eelektric Band が生まれました。
小手調べ的だった同バンドの二作目 Light Years を経て、
今回紹介するアルバムで、スケールの大きい音楽を生み出します。

このアルバムの大きな特徴は、
シンセサウンドが中心だった前二作から一転して、
アコースティックサウンドを軸にしたことです。
Chick Corea はメイン楽器をシンセからピアノに変え、
Dave Weckl はシンセドラムを外して生ドラムサウンドにしました。
また、ギターの Frank Gambale やベースの John Patitucci は、
エレキギターを中心にしつつも、一部の曲でアコースティックを使用し、
そのエレキとアコースティックがバランスよくミックスされたサウンドは、
ジャズ&フュージョンのジャンル枠にさえ納まりきらない音楽とフィットし、
素晴らしい Chick Corea Music を形成しています。
さらに、1 曲目の Home Universe から終曲の Amnesia まで、
一つの大きな組曲のような構成になっているのも特徴で、
音楽世界のレベルの高さと広さを感じます。

その音楽性を象徴しているのが、アルバム冒頭の 1、2 曲目。
特に Eternal Child は、スパニッシュラテン系の哀愁が漂う曲で、
Chick Corea のピアノテーマがリリカルで美しいばかりか、
Eric Marienthal のサックス、Frank Gambale のアコースティックギターと、
素晴らしい哀愁味のあるソロが曲を盛り上げます。
続く Forgotten Past は Chick Corea のピアノソロ。
ラテン系や現代音楽などを背景とした彼ならではの音楽を奏でます。
同じくラテン系でありながら、リズミカルな曲がアルバムタイトル曲。
モントゥーノ(ラテン音楽のピアノ伴奏スタイル)も登場しますが、
それでもスペイン系の哀愁漂う雰囲気は Chick Corea ならでは。

スペイン系を軸とした高い音楽性を追求しつつも、
ときおり披露される各メンバーのスーパープレイも、
このアルバムの聴きどころです。
アルバム後半、特に最後の 3 曲は注目すべき演奏が続きます。
Frank Gambale のギター、Dave Weckl のドラムがスゴイです。
最後の Amnesia は全員のテクニック大披露といった構成で、
ソロはもちろん、怒涛のユニゾンの演奏が続き、
最後は、Eternal Child のテーマのフェードアウトで幕を閉じます。

Chick Corea のスペイン系音楽世界、
バンドアンサンブルの妙、各メンバーのテクニックと、
色々な側面から聴きたいアルバムです。


Jazz Albums | 17:04:57 | Trackback(1) | Comments(4)
Vital Information - Where We Come From
Where We Come From

Where We Come From

  • アーティスト: Vital Information
  • 出版社/メーカー: Intuition
  • 発売日: 1998/8/4
  • メディア: CD
1980 年台前半の Journey といえば、
ヒット曲を連発し驚異的なアルバムセールスを記録していた人気絶頂期。
その時期にバンドを脱退し、自分の音楽を追求した「ロック」な男がいます。
プロドラマーからも絶大な信頼を得ているドラマー、Steve Smith がその人。
(参照: Journey - CapturedTurtle Island Quratet - Metropolis
ジャズ・フュージョン路線の音楽を追求するために、
Santana の音楽にも多大な貢献を成した Tom Coster らと共に、
Vital Information (公式ウェブサイト)を 1983年に編成し、
1988 年には Chick Corea との活動で有名な Frank Gambale が加入。
日本での知名度こそ低いものの、ひたむきに活動を続けています。

知名度が低いといえども、
アメリカで著名な雑誌 「Modern Drummer」 では、
5 年連続で No.1 Drummer に輝くという実績をもつ Steve Smith に、
Santana の Europa の作曲者でもある Tom Coster、
スーパーギタリスト Steve Vai をして尊敬するという Frank Gambale が、
集まったこのスーパーバンドを注目しないわけにはいきません。
スーパープレイヤーが集まりながらも、テクニック志向に陥ることなく、
音楽性も非常に高く、幅広く、時にはユニークな着想もあり、
素晴らしい音楽を生み出しています。

このアルバムでは、メンバーが 60、70 年代のあらゆる音楽を振り返って、
自分たちのルーツ、つまり Where We Come From を示すのがコンセプト。
Tom Coster 弾くハモンドオルガンを大きくフィーチャーし、
時にロックっぽく、時にファンキーで、時にアヴァンギャルド。
あらゆる音楽のバックグラウンドが見えてきます。
2 曲目の Moby Dick といえば、もちろん Led Zeppelin が原曲ですが、
原型は?と思えるほどジャジーな 4 ビートの演奏。
Listen Up!、Swamp Stomp、Bob などでは、
Booker T & MGs などをルーツとしたような、
ファンキーな曲と演奏を披露します。
Take Eight では、Dave Brubeck の名曲 Take Five を元ネタに、
変拍子と似たメロディ、似た構成を展開しながらも、
Vital Information の世界を築くというユニークな発想が面白い。
Ornette Coleman の 曲 Happy House では、
暴れる Steve Smith のドラムをバックに、
Tom Coster が不思議なアコーディオンソロを披露。
Blow Fish Blues は、故 Jaco Pastorius が Jeff Andrews にあげた曲らしく、
このアルバムで初披露しているらしい。

アルバム最後の 2 曲はいわばジャムセッションの曲。
Once in a Lifetime では、全員のテクニカルなプレイが炸裂。
終始テンションが高い Steve Smith の強力なプレイに、
Frank Gambale はお得意のスウィープ奏法で応戦、
Tom Coster もアヴァンギャルドなプレイで迎え撃ちます。
Jeff Andrews はボトムを支えつつ、時々ブッとびます。
何よりバンドアンサンブルの妙が素晴らしい。
このアルバムの目玉ともいえる演奏でしょう。
最後の曲 008 は、その名が示すとおり、
007 のテーマ曲のようなギターフレーズをベースに、
ジャムセッションを展開する曲。
テンションが高く真剣なプレイながらも、
ユーモア溢れるアイデアと構成が楽しい。

あらゆるアイデア、スタイル、プレイが盛り込まれ、
とにかく聴き応えのあるアルバムです。


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

Jazz Albums | 23:04:08 | Trackback(1) | Comments(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。