FC2ブログ
 
■プロフィール

Penguinland

Author:Penguinland
音楽好きで好奇心旺盛ペンギン。
ここでは音楽を語り、
A Penguin Talking Out では
好奇心の趣くまま綴っています―

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■PENGUINLAND COUNTER

■ブログ内検索

■RSSフィード
■広告

「3 大ギタリスト」談義
3 大ギタリスト」という言葉があります。
3 人のはめかたには色々あるようですが、先に紹介した、
Eric ClaptonJimmy PageJeff Beck の三者が一番知られています。
特にこの三者を指す場合は「ブリティッシュロック 3 大ギタリスト」と呼ばれるようですが、
いずれにしても、個人的にはあまり好きな言葉ではありません。
なぜなら、他にも偉大なギタリストがおり、
3 人に絞るのは少々無理があると感じるからです。
正確に呼ぶなら「Yardbirds 出身 3 大ギタリスト」とすべきでしょう。

「3 大ギタリスト」という言葉は、海外ではほとんど使われてないようです。
「3 大~」というのは、なんでも 3 つに括ることが好きな日本人の発想なのかもしれません。
Wikipedia に「世界三大一覧」というのもあり、その数の多さには驚かされました。
数値的にトップ 3 に入るという括りで 3 つあげているのはいいのですが、
観念的に 3 つに括っている項目はいささか無理があるなぁと感じます。

さて「3 大ギタリスト」に戻りますが、実は色々なバージョンがあるようです。

70 年代ハードロック 3 大ギタリスト
Ritchie Blackmore (Deep Purple など)、Tony Iomi (Black Sabbath)、Jimmy Page (Led Zeppelin)

80 年代 3 大ギタリスト
Gary Moore (Thin Lizy)、Michael Schenker (Scopions など)、Randy Rhoads (Ozzy Osborne)

3 大ハイテクギタリスト
Edward Van Helen (Van Halen)、Steve Lukather (TOTO)、Neal Schon (Journey)

(以上、Wikipedia:3 大ギタリスト から)

いずれも一言で「3 大」というのは無理がありすぎますね。
「あのギタリストが入らないのはおかしい!」などという声が上がりそうです。
実際どの区分けもかたよっていますね。
「70年代ハードロック」は、ブリティッシュ系ばかりですし、
「80年代」は音楽的に偏りのある選択といわざるを得ないし、
「ハイテク」は「アメリカ西海岸」のバンドで1980年前後に売れたバンド、
という狭い範疇であることがわかります。
そしてさらに、Jimi Hendrix、Jimmy Page、Jeff Beck を並べて、
「3大"J"ギタリスト」という呼び名まであるのには、
そこまでして 3 つに括るかぁ、と驚きを通り越して笑ってしまいました。

話がそれましたが、以上の「3 大」の中でも、
「Yardbirds 出身 3 大ギタリスト」の比較は最も面白いし、
音楽談義のネタもつきることがありません。
なぜなら、この 3 人は同じバンド出身であるにもかかわらず、
面白いぐらいにタイプが異なるからです。
それぞれのおおまかな特徴を挙げると、

Eric Clapton
音楽:オーソドックスなロック、ポップス
ギター:他の 2 人と比べると正統的ブルースギター

Jeff Beck
音楽:フュージョン。ロックに限らず R&B、ジャズ、テクノなどあらゆるスタイルを融合
ギター:特殊奏法(アーミングなど)を多用、指引き、テンションノートを多用

Jimmy Page
音楽:ハードロック、トラッド、フォーク、ファンク、リフを多様した構成
ギター:アコースティックギターの多用、奇抜奏法(ヴァイオリンの弓など)、アヴァンギャルド

といったところでしょうか。
あくまでもおおまかなので、細かいツッコミはご勘弁を!
ここで言いたいことはそれぞれのリストアップではなく、
それぞれタイプが非常に異なるという点ですのでご理解ください。

このような異なるスタイルを模倣するそれぞれの後継者が現れ、
今のような多種多様なギタリストを生むきっかけとなったことを考えると、
ロック史においてこの 3 人の影響力は非常に大きかったといえるわけです。
ただし、この 3 人以外にも偉大なギタリストがいるということを忘れてはなりません。
それは上記したとおり、
あらゆる 「3 大ギタリスト」があるということでもわかると思います。

スポンサーサイト



テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Music Talk | 17:02:51 | Trackback(0) | Comments(4)