■プロフィール

Penguinland

Author:Penguinland
音楽好きで好奇心旺盛ペンギン。
ここでは音楽を語り、
A Penguin Talking Out では
好奇心の趣くまま綴っています―

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■PENGUINLAND COUNTER

■ブログ内検索

■RSSフィード
■広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Jaco Pastorius - Word of Mouth
Word of Mouth

Word of Mouth

  • アーティスト: Jaco Pastorius
  • 出版社/メーカー: Warner Bros.
  • 発売日: 10/25/1990
  • メディア: CD
前の二つ (Pat MethenyJoni Mitchell)でさんざん絶賛した、
Jaco Pastorius (公式ウェブサイト)の登場です。
ミュージシャンに「世界一のベーシストは?」と聞くと、
恐らくほとんどの人が、彼の名前を挙げるでしょう。
公式ウェブサイトでも、World's Greatest Bass Player となってますね。
まぁ、本人は亡くなってますから、自画自賛というわけではないのですが。
そのぐらいすごいアーティストなので、語り始めたらそれはもうキリがなく・・・。
自分もベースを弾く人なので、「ここがすごい」と細かく説明するとなると、
寝る時間削って説明しなくちゃならなくなります・・・(^^;

このアルバムは Jazz、Fusion のジャンルでは結構メジャーなので、
他のアルバムにしようかと思ったけど、
このアルバムはあまりにも完成度が高く、
そんなひねくれた考えを許さず、語ることを避けられない・・・。
(なんだか凄い絶賛の言葉だな・・・)

デビュー作は、「ベーシスト」の Jaco がアピールされていたけど、
このアルバムは、「音楽家」の Jaco にただただ驚嘆する。
1曲目 Crisis は、まず打ち込み演奏のようなベースとリズムを録音し、
他のプレーヤーは一人ずつそのトラックだけをモニターして演奏しそれを録音、
最後に Jaco が編集・ミックスするという斬新な手法で創り上げた曲。
仕上がりはフリージャズ的なものだけど、
一発録音では出せない密室感、緊張感、不気味感を醸し出している。
後からつけたのかもしれないけど、「Crisis」を見事に表現している。
3 Views of a Secret は、多くの人が取り上げて演奏しているほど、
Jaco の最高の名曲として知られる曲。
初めは Weather Report 時代に演奏された曲だけど、
このアルバムではビッグバンドでゴージャスで凝った出来になってます。
Liberty City もビッグバンド+Jaco でしか成しえない名曲です。

だけどなんだかんだ言っても、LP でいう B 面の組曲構成が目玉。
バッハの半音階的幻想曲をベースの独奏と無国籍現代曲の世界を披露すると、
ビートルズのブラックバードをアレンジして牧歌的な世界へ。
そこから Word of Mouth へ行くと、Jaco のベース魂が爆発!
リスナーをぐんぐん Jaco の個性的な音楽世界へ引きずり込む。
最後の曲 John and Mary は、
Jaco が晩年愛した Steel Drum の音色が印象的な、民族音楽的な曲。
オーケストラのアレンジで、スケールの大きな音楽に仕上げています。

この世の今はなき素晴らしいアーティストの中でも、
亡くなってからリリースされた CD の数は、
Jaco Pastorius が一番多いのではないか、と思わせる程、
たくさんの CD や DVD が出てます。
今は亡きアーティストなのに、未だに彼のニュースには気が抜けません。
これだけ彼の映像や音楽は売れているだけに、
晩年は多額の借金を抱えていたというのだから、
彼の身辺には有能なマネージャーがいなかったのでしょうかね・・・。
いれば、もっといいライブ映像や音源が出ていたはず。
いや、まだ生きていたかも・・・。
うーん、残念です。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

Jazz Albums | 23:20:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。