■プロフィール

Penguinland

Author:Penguinland
音楽好きで好奇心旺盛ペンギン。
ここでは音楽を語り、
A Penguin Talking Out では
好奇心の趣くまま綴っています―

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■PENGUINLAND COUNTER

■ブログ内検索

■RSSフィード
■広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Van Halen - Van Halen II
Van Halen II

Van Halen II

  • アーティスト: Van Halen
  • 出版社/メーカー: Warner Bros.
  • 発売日: 10/25/1990
  • メディア: CD
今回は、前回紹介した Beat It でカッコいいソロを披露した
Eddie Van Halen のバンド(公式ウェブサイト)の紹介です。
普通なら、デビュー作か「1984」を紹介するところだし、
私自身も他の作品の方が好きだったりしますが、
ここではあえて語りがいのある 2 作目を紹介します。

世の中には多くのギタリストがいますが、
Eddie ほどギター奏法のスタイルを広げた人は、
ジャズの世界でも、ちょっと見当たらないのではないでしょうか。
このアルバムの「Spanish Fly」が全てを物語っています。
この曲で使われているギターは、クラシックギター。
クラシックギターとは音楽のスタイルも内包する言葉だから、
ガットギター(ナイロン弦を張ったギター)と呼んだ方が正確かも。
Eddie は、このガットギターで「ロック」を聴かせてくれます。
ハーモニクスでメロディーを鳴らしたかと思えば、
次はピックでかきむしるようにバリバリ弾き、
曲の後半は、彼が編み出したライトハンドアルペジオ。
めくるめく斬新な展開と、圧倒的スピリットの演奏で衝撃的です。
Eddie のソロは、デビュー盤の Eruption が衝撃的で有名だけど、
こちらの曲もギタリストは必聴です。

Eddie は、その革命的な奏法ばかりが注目されるけど、
彼のリフ作りの才能にも注目したい。
リフ作りで有名なのは Led Zeppelin の Jimmy Page だけど、
Eddie は、その J. Page のギターリフ作りを継承した上、
独自で編み出した様々なテクニックやアイデアを融合し、
さらに複雑で洗練されたリフを生み出しています。
このアルバムでは、Women in Love に注目したい。
メロディアスで素晴らしいリフが 3つも登場します。
1つ目は、タッピングでハーモニクスを出す技法で、
シンセのようなカラフルなサウンドを出すリフ。
2つ目は、2拍目ウラのハーモニクス音がアクセントとなった、
美しいアルペジオのリフ。
3つ目で、曲のテーマとなるメインギターリフが登場する。
それぞれのリフで 1曲できそうな完成度なのに、
その全てを 1曲に詰め込んでしまう懐の深さは、スゴイ。
リフの素晴らしさもあって、曲の出来も秀逸です。

もちろん美しいリフだけでなく、
カッコいいロックなリフもお手のモノで、
Somebody Get Me a Doctor のリフが特にカッコいい。
また、Outta Love Again では、
テンションが高いベースと、ファンキーなドラムの構成が面白く、
曲の最後まで息をつかせない展開で、
リスナーをぐいぐい惹き込んできます。

演奏ばかりを紹介したけど、
もちろん David Lee Roth のワイルドなボーカルも健在。
先の Somebody・・・や、Light up the Sky あたりが聴きどころ。
曲の良さでは、ヒットした Dance the Night Away が光ってます。

デビュー作や 1984 のみならず、
この作品もぜひ聴いて欲しいアルバムです。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Rock&Pop Albums | 20:50:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。