■プロフィール

Penguinland

Author:Penguinland
音楽好きで好奇心旺盛ペンギン。
ここでは音楽を語り、
A Penguin Talking Out では
好奇心の趣くまま綴っています―

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■PENGUINLAND COUNTER

■ブログ内検索

■RSSフィード
■広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Larry Carlton - On the Solid Ground
On the Solid Ground

On the Solid Ground

  • アーティスト: Larry Carlton
  • 出版社/メーカー: MCA
  • 発売日: 10/25/1990
  • メディア: CD
LA の一流セッションギタリストといったら、
前に紹介した Jay Graydon、TOTO の Steve Lukather、Lee Ritenour、
そして今回紹介する Larry Carlton (公式ウェブサイト)が挙がるのではないでしょうか。
ギタリストの間では、「この中でも誰がいい」、「あのプレイは・・・」
などとギタリスト談義に花を咲かせるところです。
どのギタリストも甲乙つけがたいのですが、
私が 1 人選ぶなら、独特な音色で歌う Larry Carlton ですかね。
前に紹介した「Christopher Cross」でのギター競演でも、
彼のソロに 1 票入れるところです。
Larry Carlton といえば、ソロデビュー盤が名作の誉れ高いですが、
ここのところ名盤紹介が続いているので、
今回はあえて外してこのアルバムの紹介です。

デビュー盤と比べるとアグレシッブなところが丸くなった感じですが、
音楽性の豊かさ、スタイルの豊富さはより深まった印象を受けます。
世のギタリストを圧倒するような弾きまくるソロはないかわりに、
ギターの「歌心」の側面の完成度が高くなっています。
彼ぐらい表情豊かに「歌える」ギタリストはそうそういないでしょう。
どうやって練習したら、こんなに歌えるようになるのでしょうね・・・

まず目に付くのは、Steely Dan の Aja に収録の Josie のカバーと、
Derek and the Dominos の名曲 Layla のカバー。
両曲とも他人の作品であることを忘れさせるほど彼自身の「モノ」にしていて、
Carlton 節で自在に歌いまくっています。
特に Layla はブリッジ部が聴きどころ。
この部分だけは彼が作曲したんじゃないかと思えるほど、ハマっています。
Josie の方は Aja のオリジナル版にも参加しているので、聴き比べるのも一興です。
但し、オリジナル版のソロは Steely Dan の Walter Becker です。
オリジナル曲では、どの曲も聴きどころ満載ですが、
The Waffer の繊細で渋いプレイ、
Bubble Shuffle のギターだからこそのテーマメロディ、
Chapter II のスケールの大きいプレイあたりが素晴らしいです。

全体的に耳に心地よいサウンドでゆったりとしたメロディが多いので、
あらゆるシーンの BGM に良く合います。
私はドライブの BGM として楽しむことが多いです。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:ギター - ジャンル:音楽

Jazz Albums | 02:46:16 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
カールトン、いいですよね~。
Donald Fagenの超名作”The Nightfly”では全編で彼がプレイ
していますが、涙が出るほど素晴らしいです。
2006-07-23 日 21:43:31 | URL | カブリエル [編集]
フュージョンのイメージが強いです。。
2006-07-25 火 20:16:42 | URL | noodles [編集]
カブリエルさんへ
The Nightfly のプレイもここで語りたくてうずうずしてます。(^^;
ですが、同じアーティストを連続させたくないので、
ぐっとこらえて、またの機会にします。
2006-07-27 木 00:25:38 | URL | Penguinland [編集]
noodlesさん
ロックっぽい曲も多いですが、
おっしゃるとおりフュージョンに区分けされる人ですね。
ちなみに、フュージョンとジャズは区別が難しいので、
ここではジャズとして分類しています。
2006-07-27 木 00:33:39 | URL | Penguinland [編集]
生ラリー
ここ数年で、ラリーは3回聴きに行ったことになってます。^^;
Motion Blueで、サファイアブルースバンドと共に見たラリーは、とてもリラックスしていて、終始笑顔。
彼の人柄の温かさを感じることができました。

たまには、ソロアルバムで、じゅうぶん堪能するのもいいですね。
2006-08-11 金 09:48:58 | URL | a tempo [編集]
a tempoさんへ
ライブへ行ってラリーの表情まで言及するあたり、
かなりのラリーファンなんですねー。
確かに彼はとっても優しそうですよね。
ギターの教えを乞いに行ったら、
とってもスマートに、優しく教えてくれそう(^^)
2006-08-12 土 12:48:31 | URL | Penguinland [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。