■プロフィール

Penguinland

Author:Penguinland
音楽好きで好奇心旺盛ペンギン。
ここでは音楽を語り、
A Penguin Talking Out では
好奇心の趣くまま綴っています―

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■PENGUINLAND COUNTER

■ブログ内検索

■RSSフィード
■広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Vital Information - Where We Come From
Where We Come From

Where We Come From

  • アーティスト: Vital Information
  • 出版社/メーカー: Intuition
  • 発売日: 1998/8/4
  • メディア: CD
1980 年台前半の Journey といえば、
ヒット曲を連発し驚異的なアルバムセールスを記録していた人気絶頂期。
その時期にバンドを脱退し、自分の音楽を追求した「ロック」な男がいます。
プロドラマーからも絶大な信頼を得ているドラマー、Steve Smith がその人。
(参照: Journey - CapturedTurtle Island Quratet - Metropolis
ジャズ・フュージョン路線の音楽を追求するために、
Santana の音楽にも多大な貢献を成した Tom Coster らと共に、
Vital Information (公式ウェブサイト)を 1983年に編成し、
1988 年には Chick Corea との活動で有名な Frank Gambale が加入。
日本での知名度こそ低いものの、ひたむきに活動を続けています。

知名度が低いといえども、
アメリカで著名な雑誌 「Modern Drummer」 では、
5 年連続で No.1 Drummer に輝くという実績をもつ Steve Smith に、
Santana の Europa の作曲者でもある Tom Coster、
スーパーギタリスト Steve Vai をして尊敬するという Frank Gambale が、
集まったこのスーパーバンドを注目しないわけにはいきません。
スーパープレイヤーが集まりながらも、テクニック志向に陥ることなく、
音楽性も非常に高く、幅広く、時にはユニークな着想もあり、
素晴らしい音楽を生み出しています。

このアルバムでは、メンバーが 60、70 年代のあらゆる音楽を振り返って、
自分たちのルーツ、つまり Where We Come From を示すのがコンセプト。
Tom Coster 弾くハモンドオルガンを大きくフィーチャーし、
時にロックっぽく、時にファンキーで、時にアヴァンギャルド。
あらゆる音楽のバックグラウンドが見えてきます。
2 曲目の Moby Dick といえば、もちろん Led Zeppelin が原曲ですが、
原型は?と思えるほどジャジーな 4 ビートの演奏。
Listen Up!、Swamp Stomp、Bob などでは、
Booker T & MGs などをルーツとしたような、
ファンキーな曲と演奏を披露します。
Take Eight では、Dave Brubeck の名曲 Take Five を元ネタに、
変拍子と似たメロディ、似た構成を展開しながらも、
Vital Information の世界を築くというユニークな発想が面白い。
Ornette Coleman の 曲 Happy House では、
暴れる Steve Smith のドラムをバックに、
Tom Coster が不思議なアコーディオンソロを披露。
Blow Fish Blues は、故 Jaco Pastorius が Jeff Andrews にあげた曲らしく、
このアルバムで初披露しているらしい。

アルバム最後の 2 曲はいわばジャムセッションの曲。
Once in a Lifetime では、全員のテクニカルなプレイが炸裂。
終始テンションが高い Steve Smith の強力なプレイに、
Frank Gambale はお得意のスウィープ奏法で応戦、
Tom Coster もアヴァンギャルドなプレイで迎え撃ちます。
Jeff Andrews はボトムを支えつつ、時々ブッとびます。
何よりバンドアンサンブルの妙が素晴らしい。
このアルバムの目玉ともいえる演奏でしょう。
最後の曲 008 は、その名が示すとおり、
007 のテーマ曲のようなギターフレーズをベースに、
ジャムセッションを展開する曲。
テンションが高く真剣なプレイながらも、
ユーモア溢れるアイデアと構成が楽しい。

あらゆるアイデア、スタイル、プレイが盛り込まれ、
とにかく聴き応えのあるアルバムです。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

Jazz Albums | 23:04:08 | Trackback(1) | Comments(6)
コメント
これは凄そうなアルバムですね。
ちょっと聴いてみたいです。
ヴァイがギャンバレ好きだったとは知りませんでした。
2006-10-05 木 08:28:50 | URL | カブリエル [編集]
ジャーニーの武道館が忘れられせん。
雪だったと思います。

こんなバンドが存続していたとは。。

ヴァイはD.リーのライブ(代々木オリンピックプールでしたっけ?)で、観ました。

2006-10-05 木 19:22:42 | URL | noodles [編集]
カブリエルさんへ
私も詳しい訳ではないのですが、
Frank Gambale、Steve Vai、Joe Satriani の三者は、
ハリウッドの音楽学校 Guitar Institute of Technology (GIT)がらみもあって交流が深いようです。
また、Steve Vai のレーベルで、Frank Gambale がアルバムを出してたりします。

ちなみに、YouTube で Vaital Information の Frank Gambale のソロを見つけました。
http://www.youtube.com/watch?v=vVmyFs6EHa4
彼の映像は、検索するといっぱいでてきますね。(^^)
2006-10-07 土 15:04:51 | URL | Penguinland [編集]
nooblesさんへ
Journey と Dave Lee Roth のライブは見に行ったことないです。
また、Steve Vai も生では見たことないです・・・。
けど、今考えると、二人の Steve (Perry、Smith)が在籍していた頃の Journey は、
生で見ておきたかったなぁ、と感じてたりします。残念。
2006-10-07 土 15:08:01 | URL | Penguinland [編集]
なかなか
興味深いアルバムですね~
試聴しましたが、ファンキーなかんじの曲は、とても好きです。
Jazz/Fusion系も好きなのですが、ちょっと最近は、Rock/Pops系へ迷い込んでおります^^;
Vital Infomation 覚えておきます!
2006-10-10 火 17:20:03 | URL | a tempo [編集]
a tempo さんへ
>Jazz/Fusion系も好きなのですが、ちょっと最近は、Rock/Pops系へ迷い込んでおります^^;

自分も幅広く音楽を楽しむ人間なので、よくわかります。
幅広く聴くとはいえ、時期によって波がありますよね。
実際自分自身も、最近は Rock/Pops 系を多く聴いています。
自分は Classic も結構聴くのですが、最近はそちらはめっきりです。(^^;
2006-10-16 月 02:06:44 | URL | Penguinland [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

VitalInformation-WhereWeComeFrom
前回のSantanaから大分時間が経ってしまいました・・・。今回の紹介は、Santanaから巣立ったJourneyに在籍していたSteveSmith(ds)、Santanaにフュージョン化に貢献したTomCoster(key)、ChickCoreaとの活動で有名なFrankGambale(g)、MikeSternなどと活動したことがあるJeff.. 2006-12-02 Sat 03:58:33 | APenguinTalkingOut

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。