■プロフィール

Penguinland

Author:Penguinland
音楽好きで好奇心旺盛ペンギン。
ここでは音楽を語り、
A Penguin Talking Out では
好奇心の趣くまま綴っています―

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■PENGUINLAND COUNTER

■ブログ内検索

■RSSフィード
■広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Black Sabbath - Paranoid
Paranoid

Paranoid

  • アーティスト: Black Sabbath
  • 出版社/メーカー: Warner Bros.
  • 発売日: 1970/9/18 (UK)
  • メディア: CD
ハードロックの幕開けを飾ったとされるアルバムが、
Led Zeppelin、のデビュー作、Deep Purple の In Rock、
そして Black Sabbath のデビューアルバムです。*
いずれもハードなギターサウンドが特徴ながらも、
それぞれコンセプトも音楽性も異にし、
それぞれに後継者たちを育てたという意味で、
ハードロックの第一世代を築いた重要な作品群といえるでしょう。
ゆえに日本ではこれら 3 バンドをして、
3 大ブリティッシュハードロックバンドと呼ぶことがあります。

中でも Black Sabbath は、その名前をホラー映画のタイトルからとり、
「怖がらせる音楽」というコンセプトで暗くて重いロックを提示。
個性的なサウンドで「へヴィメタル」の元祖的存在となります。
しかしながら、へヴィメタルという言葉の起源は諸説あり、
決して彼らを指すものではなかったようです。
バンドの核は、ボーカルの Ozzy Osbourne とギターの Tony Iommi。
特に Ozzy Osbourne の存在感は圧倒的で、
後のソロ活動でも Black Sabbath の志向を継承し名作を残しました。
最近では、彼の家族の破天荒な生活を追った MTV の番組 The Osbournes が、
アメリカのみならず世界的な人気を博しています。
バンドでは、悪魔的なものを演出したパフォーマンスが目立ちますが、
Robert Plant や Ian Gillan と比較すると意外にソフトな声質をしており、
個人的には愛嬌さえ感じます。
それでもその歌い方や Tony Iommi のドロドロしたギターリフで、
ホラー映画のサウンドトラックにも合いそうなサウンドを創っています。

さて、Black Sabbath のアルバムですが、
ここのところ「幕開けアルバム」ばかりでしたので、
今回はあえてそれは外して、素直に入門的名盤として Paranoid の紹介です。
(個人的にこちらの方が馴染み深いというのもあったりします・・・)
2 曲目のタイトル曲が非常に有名で、CM でもかかっていました。
この曲はサビよりもヴァース部の方がインパクトがあり、
実際、CM でもそちらが使われていました。
曲自体はすごくシンプルであっという間に終わりますが、
その親しみやすいメロディとわかりやすさ、カッコよさがウケて、
ヒットチャートでも好成績を残しました。
大ヒットしたがゆえに彼らの代表曲といわれてしまう面がありますが、
Deep Purple や Led Zeppelin の曲にも通じるものがあり、
皮肉なことに彼らの唯一無二の個性を表している曲ではありません。
彼らの個性は、War Pigs、Iron Man、Electric Funeral にこそ詰まっています。
ギターのパワーコードとベースがユニゾンとなることで、
ずっしりと重いサウンドを作っているのが特徴です。
こういうスタイルは、後のヘヴィメタルバンドにも引き継がれ、
このジャンルの重要な要素になります。
どの曲も強力なリフで構成されているのがポイントですが、
一番インパクトが強いのは、やはり人気も高い Iron Man でしょうか。
この曲はボーカルのメロディさえユニゾンで重なり、
本当に一度聴いたら忘れられない存在感がありますね。

アルバムの中で異色なのが 3 曲目の Planet Caravan。
ボーカルのエフェクト処理やサウンドエフェクトなど、
当時は「怖さ」を表現したものだったのでしょうが、
今聴くとむしろ情緒的で美しいと感じるのは私だけでしょうか…。
特筆すべきは、Tony Iommi のナチュラルサウンドのギターソロ。
リズムがスイングしてジャズ風ギターソロになってます。
Bill Ward の繊細なパーカッションもいい味を出しています。

このほか、静と動の激しい起伏で展開する Hand of Doom、
Bill Ward のドラムを大胆にフィーチャーしたインスト曲の Rad Salad と、
アルバム後半(LP の B 面)にも聴きどころがたくさんあります。
個人的に最も好きな曲が最後を飾る 6 分以上の大曲の Fairies Wear Boots。
この曲もインスト志向が強く、ボーカルが登場するのはわずか。
何種類ものリフが息をつかせない勢いで登場する展開が圧巻です。
中盤の低音弦の1音半チョーキングが入るリフが、Black Sabbath らしく、
なぜか私は、この部分が登場するたびにニヤリとします(笑)。

Ozzy Osbourne のドロドロしたパフォーマンスや、
怖がらせることを意図した音楽は、
Deep Purple や Led Zeppelin と比べると、
一般受けしにくいという側面をもっています。
しかしながら、このアルバムが魅力ある作品であることに偽りはありません。
不気味でとっつきにくい・・・と感じる人は、
ぜひ「聴き方」を変えて聴いて欲しいと思います。
宮崎駿映画を見るときとサスペンス映画を見るときと、
鑑賞の仕方を変えるのと同じように、
「たまにはお化け屋敷に入ってみようか・・・」
そんな気持ちでこのアルバムを楽しみましょう!

余談ながら、本当に怖い音楽を聴きたいという向きには、
Black Sabbath など足元にも及ばないぐらい怖い音楽が他にあります。
その紹介はまたいずれ。


* 厳密には他にも含めるべきアルバムがありますが、
 ここではハードロックの潮流を成したアーティストの作品に絞りました。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Rock&Pop Albums | 12:00:00 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
名盤ですね~。単音中心のリフがなんともカッコ良いです。
個人的にはElectric Funeral が好きですね~。
ゾンビ氏宅でジャムったのが懐かしいです。
2007-05-26 土 13:34:50 | URL | カブリエル [編集]
カブリエルさんへ
>ゾンビ氏宅でジャムったのが懐かしいです

まったくもって・・・。
このアルバムを聴くと、あのセッション思い出します(笑)
2007-05-26 土 15:09:07 | URL | Penguinland [編集]
ゾンビ氏宅?
楽しそうだなあ♪(笑)

ところで、最近サバスの初期アルバムが再発されましたかね~?
一時、オリコン・ランキングに数枚登場していたのですが……。
2007-05-29 火 19:33:18 | URL | noodles2 [編集]
ヌードルスさんへ
>楽しそうだなあ♪(笑)

内輪の話で恐縮です。
楽しかったあの時も今は昔・・・。

なんか紙ジャケ仕様CDが再発されたようですねー。
紙ジャケって他のCDと一緒にしまえないから、
個人的に余り好きではないのですが、
紙ジャケ狙いの方って結構多いみたいですね。
以前、Santana の紙ジャケが再発された日に
たまたまTower Records に居合わせたことがあったのですが、
Santana のコーナー前の人口密度が異様に高かったです(^^;
2007-05-31 木 00:11:22 | URL | Penguinland [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。