■プロフィール

Penguinland

Author:Penguinland
音楽好きで好奇心旺盛ペンギン。
ここでは音楽を語り、
A Penguin Talking Out では
好奇心の趣くまま綴っています―

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■PENGUINLAND COUNTER

■ブログ内検索

■RSSフィード
■広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Mr. Big - Lean Into It
Lean Into It

Lean Into It

  • アーティスト: Mr. Big
  • 出版社/メーカー: Atlantic
  • 発売日: 1991/3/26
  • メディア: CD
超絶技巧ベーシスト Billy Sheehan は、
前回紹介した David Lee Roth Band を脱退した後、
Racer X の超絶技巧ギタリスト Paul Gilbert、
やはり技巧派ドラマーの Pat Torpey、
ハイトーンボーカルの Eric Martin らと Mr. Big (公式ウェブサイト) を編成。
これだけの技巧派メンバーが揃うと、
テクニック披露のマニアックな方向性になりがちですが、
フタを開けてみると、そのテクニック派志向と、
80 年代のいわば「産業ロック」が合体したような、
強力かつパワフルなバンドが完成していました。
Steve Perry 加入後の Journey のプロデュースを手がけた
Kevin Elson がパワフルで痛快なサウンドを構築。
4 人で構成するコーラスも特徴です。
彼らの音楽性は 80 年代の集大成的なスケールで、
ハードロック/ヘヴィメタルを聴き込んでいる人なら、
Led Zeppelin、Aerosmith、Van Halen、Def Leppard など、
ハードロックの大御所のおいしいところをパクって、
いや、拝借しているのがわかると思います。
そんな大衆性をもちながらも、デビュー当時のアメリカでは、
技巧派バンドとして少し話題になったのみ。
このセカンドアルバムは爆発的人気を博したものの、
サードアルバム以降はその人気を維持することはありませんでした。
80 年代に隆盛を極めたテクニック志向のハードロックは、
90 年代に入ると衰退していくわけで、
その中でデビューした彼らがメインストリームを歩み続けるのは、
厳しい時代だったのかもしれません。

その半面日本では、デビューから 2002 年に解散するまで、
高い人気を誇り、彼らのライブアルバムもほとんどが日本収録。
それらのタイトルも「Raw like Sushi」という名前だったり、
I Love You Japan という曲まであったりと、
彼らにとって日本市場が非常に重要だったことがわかります。
日本びいきが高じて、B'z などのアルバムに参加したり、
Paul Gilbert にいたっては一時期日本に住んで、
日本のバラエティ番組に出演していたこともありました。

さて、その Paul Gilbert。
速弾きもここに極まれり、ともいえるギタリストです。
ただし Beatles や Beach Boys を敬愛する彼は音楽性優先。
自己顕示的な速弾きに固執することはなく、
必要性に応じてテクニックを盛り込んだり、
小技の効いたリフを元にポップな曲を作り上げたりと、
ギタリストが見習うべきポイントを抑えています。
LA の有名なギタースクール・GIT で学び、
卒業後はそこで講師をしていた経歴もあるし、
今は、GIT 系列の MI JAPAN の校長を務めているわけだから、
模範的ギタリストというのも当然といえば当然でしょう。
模範的というと真面目くさいイメージになってしまいますが、
ユーモア溢れる人物でもあります。

Mr. Big の大ヒット曲といえば、To Be With You。
ポップなこの曲は全米チャートでも No.1 を記録しました。
その曲が入っているのがこのアルバムで、
アルバム全体もヒット性溢れる曲が満載です。
冒頭は彼らの曲の中でも人気の高い
Daddy, Brother, Lover, Little boy。
サブタイトルに "The Electric Drill Song" とあり、
ギターソロで電気ドリル奏法(?)が飛び出すのが特徴です。
ハードながら非常にキャッチーな曲で、
Yngwie Malmsteen を意識したかのようなギターソロの後、
電気ドリルにピックをつけて弾くというフレーズが飛び出します。
速いのがカッコいいとはいえ、そこまでしなくともという感じですが、
どうやら本人はエンターテイナーに徹しているようです。
このパートはベースもユニゾンで電気ドリルやってます。
アルバムノーツには「子供は家で同じようなプレイをしないように」
という注意書きがあり、ニヤリとさせられます。
続く Alive and Kickin'、Green-tinted Sixties Mind、
CDFF-Lucky This Time は、いずれもキャッチーなメロディが特徴。
80 年代的な覚えやすいサビのコーラスが印象的で、
Green-tinted ・・・ はシングルにもなりました。
この曲はタッピングで構成するイントロリフにも注目です。
アコギの渋いブルースリックから始まる Voodoo Kiss は、
Led Zeppelin の影響もみせるハードファンクで
がっちり固まったバンドアンサンブルがカッコいい。
Never Say Never もファンキーながらもポップなサビが印象的です。
Just Take My Heart はピアノで作曲したらしいですが、
特筆すべきは、キーボード系のサウンドは一切使わず、
ギターとベースでポップなサウンドを構築しているところです。
サウンドプロデュースのうまさもあるものの、
やはり彼らの高い演奏能力があってのサウンドといえるでしょう。
A Little to Loose は初期の Black Sabbath 風の曲で、
イントロの Ozzy Osbone を意識したような Billy Sheehan の歌に、
ちょっとニヤりとさせられます。
このほか、暗めながらも勢いのある My Kinda Woman、
イントロのコーラスが印象的なシャッフルビートの Road to Ruin も、
彼らならではの魅力溢れる曲です。

日本盤ではボーナストラック Love Makes You Strong が収録。
アルバムに正式に収録しなかったのが不思議なぐらいカッコいい曲で、
他の曲では聴けなかった Billy Sheehan のベースソロが飛び出します。

日本語盤はこちらから
Mr. Big - Lean Into It (日本盤)


At YouTube

Mr. Big:Daddy, Brother, Lover, Little Boy - Live at Tokyo 91
電気ドリル奏法(?)もバッチリ見れます!

Mr. Big - To Be With You
この曲は当時よくかかってましたね・・・。

Mr. Big - Green Tinted Sixties Mind (Live)
この曲はなんだか懐かしい感じがしますね・・・。

Mr. Big - Just Take My Heart (Live)
とても 80 年代的です。
Heart に似た曲があるような・・・。

Paul Gilbert - Fly Me To The Moon
Paul Gilbert がギターの弾き語りをします。
しかも曲はスタンダードの Fly Me To The Moon!

Pat Torpey drum solo
こういうドラムソロは始めて見ました。
味なことをしてくれるものです。
弾き語りならぬ叩き語りとでもいいましょうか(笑)
だけどなんでドラムソロにこの曲なのかなぁ!?
単純に好きなだけかな。結構ウマいです。

ROCK FUJIYAMA
少し前に深夜放送でやっていた ROCK FUJIYAMA の On Air で、
Paul Gilbert が登場します。
6:17 から Daddy, Brother, Lover, Little Boy が始まります。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Rock&Pop Albums | 13:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。